© 2018 by Hallelujah Gospel Family

ブラック・ゴスペルの歴史と特徴

歴史

ブラック・ゴスペルは黒人霊歌(Negro Spirituals)から生まれました。多くの 黒人たちが、奴隷制度によってアフリカで売買され、アメリカに連れて行かれま した。手足に鎖をはめられて移送され、そこで売りさばかれました。農場で過酷 な労働を強いられ苦難を味わいました。家も、持ち物も、自由もありませんでし た。

しかし、彼らにはキリストへの信仰がありました。働かされている間も、心から キリストにある希望を歌いました。劣悪な状況の中でキリストへの信仰を強めてい きました。黒人奴隷たちは自分達の信仰を独自の音楽で表現したのです。

特徴

 聖書の内容がストレートに書かれた歌詞。
 聖書的なテーマ:イエス・キリストの喜び、希望、自由、恵み、感謝、救い等。  心をこめて歌う。
 指揮者と合唱隊に強い絆がある。
 曲と歌詞を暗記して歌う。
 リズムにあわせ手拍子をしたり、体を動かしながら歌う。

音楽的特徴

 強いシンコペーション。
 三声(三つのパート)のハーモニー(ソプラノ、アルト、テノール)  対位法(counterpoint)
 呼びかけと応答、あるいはエコー(call & response)
 ボーカルに Trills & Slides (ブルースノート)がある。
 力強いソロ(独唱)がある。

いろいろな ブラック ゴスペル ミュージック

 伝統的(call&response)- Oh Happy Day など
 プレイズ&ワーシップ - Brooklyn Tabernacle Choir など
 コンテンポラリー・ゴスペル - Bebe & Cece Winans, Babie Mason など ジャズボーカル Take6 など
 ラップ&ヒップポップ Kirk Franklin など